SugarPumpkins制作blogートツキトオカー

カテゴリ: イベント

IMG_4079
コンテストベアを搬入した後は初日プレビューの入場まで小一時間空いていました。
産業貿易センタービル内のソファスペースでゆったりと時間を過ごすことにしました。

目の前のガラス窓も大きくて綺麗で真向かいには素敵なテニスコート。
自宅とのあまりにも違う景色と状況になんだか異世界転生気分です。
「\/升ヘ/フ.   ┌―――――――――――――――┐
  ヽ=・∀・=ノ   ∠ よーし、レベルアップしちゃうぞー! |
. 彳∨=‐=∨ ̄.ヘ.  ヽ―――――――――――――――┘
. 乂八=#=ノ{.ミ |
ノ  △ ̄△ヾ._.ノ
【ただの平凡な主婦が小さな姪っ子の誕生日にテディベアを作ったら満面の笑みで喜ばれそのままテディベア作家に転生!男児三兄弟の子育てと新人テディベア作家の2足のわらじ生活に苦難と死闘の連続の中、全国のご主人様をパーティに加えてテディベアコンテストにまで挑戦しあっという間に浜松町まで来てしまった件。】
(  ´  Д  `  ;)ァッ!!!!
最近のラノベタイトル風を妄想してました(笑)
せっかくお洒落な場所に来たのにオタク脳内の私。
手元にはNEWDAYSで買ってしまった冷めたホットの伊右衛門を飲み10時の会員プレビュー入場を待ちました。

10時になったらまずはこの場所で即売される輸入モヘアを大量に買うことを目的にしていました。
触り心地を確かめてマズルや手足、胸の切り替え等に使うモヘアを購入したかったのです。

コンテストベアの制作時、ベアの口元の毛の流れにこだわりがあり、今まで何度もベアの口元をボツにしてきました。
コンテスト出展の子は思ったような毛並みを現せたのでこの毛に近いものを購入しようと考えていました。

10時のプレビューの入場が始まり、早速モヘア屋さんを物色。
そちらで小一時間悩んだ結果、様々な毛足、密度のモヘアを大量購入しました。
吟味した結果、私の思う様な質感のものはドイツ製のアクリルモヘア。
こちらの手触りと質感が非常に良く、これ以外ではもう考えられない感じ。
IMG_4188
アクリルですが日本の物とは全然違うのです。アルパカモヘアがかなり近く、見分けがつかない感じですが、アルパカモヘアは毛が細く若干縮れているためほんの少しざらつきを感じ、毛もバサバサとした広がりを感じます。
ドイツ製アクリルモヘアの障り心地と密度を知ると離れられないものがありました。
もうドイツで生産が終わってしまうと販売が無くなるものもあり、本当に大量購入してしまいました。
その値段  ウン万円。。。。(つд⊂)ゴシゴシ
自身の買い物の中でかなり高額な部類になるのでこの後一日中、

購入してしまった。購入してしまった。
(・ω・`|||)
と悶々としていました。主婦です。 主婦の血のせいです。

購入して堪らず主人に電話をしてしまう始末。
なんと小心者なのでしょう。
だけれど、お金を出してこの様に私のベアを購入して喜んでくれる皆様がいること。
その有難みを今一度噛み締めます。
期待に応えて、納得のいくお金の使い方をしたと感じて頂くためにはもちろん技術的な事もそうですが、どうしてもどうしても生地には妥協が出来ない。

コンテストで使用している子にも使用をしましたベアのbodyの毛並み部分は
PRADAモヘアというものを使用しています。
これがお気に入りでSugar Pumpkinsのベアたちにはよく使用しているのですが、

これは高級ブランドのPRADAがシュルツ社に直々に作らせているオートクチュールモヘアで本当に素敵な毛並みなのです。
 何よりほっぺ周辺や頭部の膨らみがとても可愛く表現されます。

bodyの毛並みの良さを一番に引き出してくれる切り替えの毛並みも勿論妥協は出来ません。

購入した生地をベアを連れてきた袋に入れて、ほんの少しだけ会場を見渡し、最後にコンテスト会場へ投票を済ませ、昼ご飯を作りに家路を急ぎました。

この時の帰路、なんと会場を訪れていたシュガパンのご主人様がいらっしゃいました!

Instagramからエールを下さり、
コンテストベアの事は一切お披露目が無かったのにも拘わらず私の作品に気が付いてくれたのです!

本当に嬉しかった。
知名度のないSugar Pumpkinsのベアはこの場所に一人で乗り込み、今回は家族も来られなかった為。
この時の M様 のエールは百人力のパワーをくださいました。
IMG_2432
この日一日は家でどう過ごしたかはあまりよく覚えていません。

ですが、夜中に眠れず起きてきて、今日買ってきたモヘアを広げて炬燵で悩んでいました。
コンテストのベアの事。

実は私なりに気になる部分やもう一度確かめて作りたい箇所に幾つか気づいてもいたのです。

そして、この子にしかない可愛さとクオリティの様にもう一度良い子を作れるかという気持ちもありました。

実はコンテスト前にこの子と同じ子を作ろうとして少し失敗をしました。
気になっていたマズルの毛並みが思ったようにいかず、そして型紙の取り方が気に入らなかったのです。
縫い進めてやっとわかることの多い事。
私はその場で新たなモヘアと作り始めようと考えましたが、もう、すでに夜中の三時を回っていました。
体力的にも精神的にも今は良いものが作れるはずがないなということは感じています。

それでも眠れず、止めていたpetit-pique-niqueを触り始めました。
ですが、進めていた子がやっぱり気になるところがあり、コンテストベア制作前の自分と今の自分が既に変わってしまっていると感じました。
petit-pique-nique も、もう一度目の加工を革の切り出しからやり直しました。顔も見直して目の配置を決め始めた頃に明け方となり、25日を迎えてしまいました。

FullSizeRender
さぁ、何を着るか。この日は表彰式があります。
ですが、入賞なんてかすりもしなければあんまり気合を入れても恥ずかしい。。。🥺
そんな気持ちで保育参観ルックな白のカットソーにジャケット。黒のパンツとヒールブーツで行きました

とりあえず、昼ごはんと夜ご飯にカレーを仕込み、着替えは出発ぎりぎりで浜松町へ。

会場まで今度は慣れた足で向かうことが出来ました。
浜松町へ14時に到着。
やはりコンテストベアの様子を最初に見に行きました。
IMG_4051
良い顔で座ってる
何故か入院した家族をお見舞いに行ったときの気持ちに似ています。
なんだろう。この気持ち。もうよく頑張ったね。みたいな気持ちで、ただ元気な顔ならそれでいいという気持ちになりました。

私はコンテスト会場で遠巻きにグルグルと見渡していましたが、去年もこの子も。
他のお客様がよく立ち止まってくれることを多く感じました。
それだけでもここに出場した意義を感じます。
少しの滞在でしたが表彰の準備のために一度会場は閉鎖されてしまいました。
その為、昨日ゆっくり見られなかった出展ブースを見て回ることにしました。
FullSizeRender
私は今年、本当ならこのブースのひと区画をお借りしてベアを並べるはずだったのです。

だけれど、今ではそんな余裕はなかったと思いました。
もう、コンテストの事だけで精いっぱいでした。精神的にも現在の家族の状況も。
自分が出来る精いっぱいの制作で、一番の心を籠めて時間を籠めて技術を籠めて作った一体。

今回はここまでしか出来なかった。だけれど、もっと状況が落ち着いたら。

子どもが大きくなったら。 せめて三男が幼稚園に入ったら。きっと変わる。
もっともっとベアを思うように作り、向き合い、挑戦したいこともたくさんある。
やれることはやった。 この非常に困難な時期に真剣にやれるだけ出来た事はきっといつか必要だったと感じる事が出来る。

そう思って会場を上の空で佇んでいました。
FullSizeRender

14時15分。 突然に。 本当に突然に呼び出しのアナウンスがありました。
お呼び出しを申し上げます~みたいな言葉と呼ばれていく作家名!

ええええええええええええ
ええぇぇぇ(;′Д`)ぇぇぇええ
早くない???ちょっと呼び出し早くない???心の準備が!!!


 『 atelier公夢印さん。 』

ウソォ━━━Σ(ロ゜|||ノ)ノ━━━ッ!?


IMG_4109
こうして、信じられない気持ちのままとりあえず何かの入賞が出来たらしいということがわかり、表彰式典会場に恐る恐る向かいました。
ずっと聞き間違いではないのだろうかと信じられず、挙動不審な動きでベアを抱え、maro-ne bear様からのおめでとうの言葉を固まったまま聞いてしまって申し訳なく感じています。
(本当、次回はもっとたくさんお話させて頂ければ嬉しいです。)
FullSizeRender

IMG_4108

そのあとの事はなんだかやっぱり信じられませんが、これも皆様に応援して頂き、支えて頂いたおかげです。
一日に少しの閲覧のblogでしたが(∀`*ゞ)エヘヘ(笑)
いつもいつもこのblogを読んでくださり。読むことで応援を下さった皆様に感謝を伝えたいです。
ありがとうございます。

これからも制作と共にblog+ホームページ+Instagram+Twitterそれぞれ頑張ります。
これからも Sugar Pumpkins / atelier公夢印 miho 
よろしくお願いいたします

✴オマケ✴


表彰式後にテンパってしまい、ベアちゃんを連れて帰りそうになりました(笑)
呑気に写真も撮ったりなんかしてこの後焦って会場に戻りました😭

ベアちゃんだけは嬉しそうに笑っています。
IMG_4179


miho

ブログランキング参加しています
宜しければひとポチお願いいたします♬

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村

Sugar Pumpkins 制作ブログ−トツキトオカ− - にほんブログ村


テディベアランキング

FullSizeRender


※作者近影(ヒゲはイメージです。)
2020年10月24日(土) 10月25日(日)第28回日本テディベアwith Friendsコンベンション 
無事に開催されました❗🤝
受賞後、少しづつ現実味を感じて気持ちが落ち着いて参りましたので😚当日の様子をコンテスト出場者、atelier 公夢印 サイドからレポしてみますε=┏(・ω・)┛

🐣🐥🐤🐔<コケコッコー)
24日朝🌞
良いお天気でありました。会場への出展作品搬入は8時から9時です。
朝ご飯もままならず身支度と子どもたちの事を家族に任せて٩(¨ )ว=͟͟͞͞出掛けました。
🧸作品ベア はチャック袋に入れてナイロンの小さめの袋に入れていきました。
🖼
最後の整え様に良く使う道具も持ち、浜松町に向かいます。
電車に乗る時間が出発7分前くらいだったのでNEWDAYSみたいなファミマみたいなところでホットの伊右衛門とチーズピザまんを買う。食う。
もぐ( ˙༥˙ )もぐ。
非常にチーズのびのびのピザまんを隠れて食べましたピッツァー(「🍕・ω・)「🍕
電車に乗って浜松町へ。
順調に着きましたが、会場のビルがイマイチよく分からない。少々焦って駅直結のビルへ。
だけれどなんだか人が少なすぎるのでおかしな雰囲気(@_@;)


掃除のおじさんに産業貿易センタービルに行きたいと聞くと、こちらは
世界貿易センタービルでした!!!!




ゲッ!(꒪ꇴ꒪|||)⚡がーーーーーーーーん!!!!




時間ないのに会場間違えた💦💦


ぴゅーーー!


誰か間違えた人はいなかったのかしら?
私は間違えました(笑)


大急ぎで信号の向こう、産業貿易センタービルに到着。


もう、8:20分とかでした!
皆さん陳列されて綺麗にディスプレイを仕上げています。
順番に並んで自分の名前と搬入パスを渡していよいよ入場!

この時間はいつも特別な空間。緊張感があります。
コンテスト会場に入場すると、たくさんの作家さんがこの数ヶ月。
同じ様な苦労とこだわりと努力と自分の技術、想いを込めて持ち寄った作品を抱え。
出発のお見送りをしている様な温かでヒリヒリとした空間が広がっています。

長テーブルに集まる自分と同じカテゴリーの人達。
自分の作品しか目に入らない状態なのに、他作品がテーブルにそっと置かれるのをこめかみのあたりで意識し合う。

どんなのを皆作ってきたのか、私はこの中で何番目!?
だけれど余裕が無くて気になって仕方が無いはずなのに他の作家作品を見つめる様な余裕はありませんでした。

ともかく持ってきたベアちゃんをクシでとかし続ける(笑)

そして。  そっと置く。

ジー  ジー   ドキドキ    ジトー ジトー
(`・ω・´)(`・ω・´)   Ξ🧸(=゚ω゚=;)Ξ   (´・ω・`)(´・ω・`)

こんな気分でした。
改めてたくさんの作品に囲まれた自分のベアを客観視します。
するとどうでしょう。 粗が目立ち 出るわ出るわマイナスなイメージが‥‥

なんか、私のベアってテディベアと呼べるのだろうか。なんかテディベアじゃないかも。
原型師としてやってきたことをベア作りに活かしたい。その気持ちがポリシーでしたが、伝統と気品の溢れるテディベアというものは、もっとアンティークで。古さや経年を経た作品のオーラみたいなものが大事に感じてきました。
私の作品はフィギュアの様ななんというかテディベアとして受け入れてもらえるのだろうかということがとても不安になり、重くのしかかって参りました。

('A`|||)顔がこんななってる私の傍に近寄り、話しかけて下さった作家様がいました。
それはいつもInstagramでもイイネやコメントなど気にかけて下さる marone₋bear様でした。
(ありがとうございます。ほんとに。ありがとうございます。)
すっごく挙動不審な私でしたが、すいません、人見知りで。そんな変な事を言うのが精いっぱいでした!
お時間ギリギリになり、作品の搬入、いじりは終了!
もう、ホントにさよなら!がんばれよ!ベア! そう言い残してホールを出ました。

☠続く。☠

✴オマケ✴
作品搬入時のさいごいじりの時のダサい服装の私。
この時期にTシャツだったのは私だけ(笑)
🌞会場、暑かった。🌞
ちなみにこの日の上着も緑のラコステです。ダサい。2日目の表彰式典の服装に悩んでいました。

miho
FullSizeRender

ブログランキング参加しています
宜しければひとポチお願いいたします♬

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村

Sugar Pumpkins 制作ブログ−トツキトオカ− - にほんブログ村


テディベアランキング


2020コンテベア1
mcsIx65uDmqEqP48cZiu1603636247-1603636255
ありがとうございます!コンテスト、金賞を頂きました!
応援して下さった皆様、Sugar Pumpkinsをお迎えして下さったご主人様たち。インスタからもご連絡をくださったお客様も、本当に素晴らしい作品ばかりのなかでこのような身に余る賞を頂きまして大変有難く、堅苦しくはもう言えません! ウ嬉しいです!!!

ありがとうございました。取り急ぎご連絡までの記事となってしまいますが、受賞した子のことを、

見てあげてください。 一ヶ月、皆様に会えず、うずうずしておりました💗

2


3


【 愛しい君に 伝えたいこと。 】

4

この作品を出展するにあたってつけた題名です。
まだまだ生まれる前の子にどんな名前をつけるのかそんなことはどうしても難しくて
この子を作る為にテーマを決めたいと思っていました。

愛しい君 これにはたくさんの想いと意味を籠めて たくさんの人を対象にしているのですが、
特に強く心の中にあったのは、私の三人の子どもたち。

お母さんになっても、大人になっても、せわしない毎日でも、夢を持って諦めないひたむきさや努力。
愛を伝えたくて伝えたくてたっくさんの想いを籠めたベアちゃん。
誰かのために。生き甲斐になってくれるベアちゃん。
温もりと眼差しに命があるベアちゃん。
子どもたちに伝えたい想いと、ベアをお届けする誰かへの想いと、沢山の欲張りが共存する私ですが、
ベアちゃんに全部を籠めて作りました。
育てました。 一目見ただけで愛がいっぱいにおなかに広がるような子にと。


今回のコンベンションへは、開催前に日本テディベア協会から会員の方々に配られる会報にて、
自分のブランド紹介が出来る記事を掲載できる特典があったのですが、、、
私は忙しさも相まって、Sugar Pumpkinsの掲載をしていませんでした。

心半分、コンテストの会場へ足を運んでいただいた方々のその時の一目ぼれでどこまでの評価を頂けるのかというチャレンジもありました。
今回は家族、友達も誰一人と会場に赴いては貰わなかったので、完全一人の参加でもあり、
また、Sugar Pumpkinsの認知度もまだあまり知られてはいないため。
ベアちゃん一人の戦い、 本当に頑張ってくれたと感じ、この子を誇りにも思ってしまいました。

子育ての事ばかりが今の私の言葉には溢れてしまいますが、

三男二歳児に、いつも だいすきだよ と私は言うことがあります。 

常日頃から大好き大好きを多用していると、言葉を吸収し始めた二歳児は、何かにつけて、
目が合うと だいすき~~💗 と笑いかけてくるんです。
ベアちゃんにも、きっとこの魔法がかかるはずと信じて。大好き。だいすきと育てました。

目から、表情から、仕草から。愛がいっぱい溢れてくれたかな。会場で足を止めて下さった方々が、不思議な何かを感じて頂けたのかもしれず、嬉しいです。

投票をしてくださった皆様、そして素敵なイベントを開催し、このコロナ禍のなかで万全な対策により成功を収めて下さった日本テディベア協会の皆様、スタッフの皆様、本当に親切にして下さりありがとうございました。

今ある気持ちを綴った、走り書きの様な記事になってしまいましたが、少しずつホームページ、各種SNSも更新いたします。

これからも、Sugar Pumpkins/atelier公夢印 miho をよろしくお願いいたします



「  💗ありがとう だいすき💗  」
5


miho

ブログランキング参加しています
宜しければひとポチお願いいたします♬

にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村

Sugar Pumpkins 制作ブログ−トツキトオカ− - にほんブログ村


テディベアランキング

このページのトップヘ